<< 8/12の練習 | main | 8月26日本番 >>

うらかぜ吹奏楽団 第15回定期演奏会 報告

うらかぜ吹奏楽団 第15回定期演奏会にご来場くださり、ありがとうございました。
今年は天気予報では豪雨となっており、実際に開場時間の時にはすごい雨が降っていました。
足元の悪い中ご来場くださった皆様に感謝です。この場を借りて御礼申し上げます。

開場 13:30  開演 14:00

〜Program〜
〇第一部
サウンド・オブ・ミュージック・コレクション
吹奏楽のための抒情的「祭」
ブラジル(真島編)
プスタ

〇第二部
ライオンキング・メドレー
朝鮮民謡の主題による変奏曲
ウエストサイドストーリー・セレクション

〇アンコール
アルセナール


いやぁ、もう15回も演奏しているんですね。
第1回の時に19歳だったので、本当にあと少しで、人生の半分をうらかぜで過ごすことになるんですね。いやはや。

15回、というと、例えば今回の演奏会で来てくれた中学3年の子たちが生まれたときに、うらかぜも生まれたことになりますね。
早ければ来年、うらかぜと同い年の人が団員になるわけですか。ほほぉ・・・。

うらかぜ吹奏楽団の特徴というか、おそらく二宮町の特徴だと思うのですが、お年を召したお客様が全体的に多い気がします。
ぼく自身大切にしていることとして、演奏会が終わったら必ず自分で受付まで行って、お客様に「ありがとうございました」と挨拶するようにしています。
僕らは職業音楽家ではありません。自分たちのやりたいことに、わざわざ足を運んで聞いてくださるお客様には、ちゃんとお礼が言いたい。そう思って、いつからかそうするようになりました。
そんなお客様から「とてもよかった」「来年もまたきたい」と言ってもらえるのが、何よりもうれしいことです。また1年、頑張ろうと思います。

で、ここ数年の特徴ですが。
今まで来てくださっていたお客さんにプラスして、ちびっ子のお客さんが増えた気がします。会場全体で15人くらいいたんじゃないかな。
これ、普通の演奏会だとどうかわからないけど、僕としてはとてもうれしいことです。
どうぞお連れになってください。
ぼくがしている仕事を選んだ理由でもあるんですが、自分がやっていることを見たり聞いたりして、その人の人生に何か残せたらうれしいじゃないですか。
もしうらかぜ吹奏楽団の演奏を聞いて、中学高校で吹奏楽部に入って、大人になっても楽器を続けてくれたとしたら、たぶん、僕らがやっていることに意味はあったんだと、胸を張って言えると思うんです。

定期演奏会全般でなくてもいいけど、なんか会場を明るくして、そんなちびっこと一緒に演奏できるような、参加型の演奏会なんてできたら楽しいかもしれないな。その場で小物打楽器かなんか貸してさ。完全に思い付きですが。

さて、16回はどんなことをするのかな。まだまだまっしろですが、来年に向けて、またスタートを切りたいと思います!
どうぞ来年もよろしくお願いもうしあげます。
| 演奏会本番 | 21:46 | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 21:46 | - | -
Comment
皆様お疲れ様でした。そして一緒に楽しく演奏させてもらいありがとうございました。
数年間ほぼ笛さんから離れ、なんだか物足りない毎日でしたが、子育てしててもやりたいことはやれると思いました。
やるという気合いが大事。
ただ、その為には復帰前のクオリティを自分に求めないとか、東名高速は渋滞情報をチェックしてから運転するとか、賃貸在住だけど雨の日は練習してみるとかいろいろとちょっとずつ頑張る必要はありました。

ところで3才のムスメさんはお利口さんに聴いてたらしいですが、演奏はスルーで、お花のお姫様がいたの☆とかママスカート可愛い☆とかそんなばっか言ってました。
ちびっこにはアンパンマンがおすすめね。

2017/08/28 9:51 PM, from ひめめん
皆さん、お疲れ様でした。
初参加のもなです。楽しかったです。
ありがとうございました。

聴きに来てくれた職場の方に、
「あなた緊張してたね、私を見つけた途端可愛い笑顔になって、最初からにこにこしてたら良かったのに」と言われました。
周りから見てもわかるくらい緊張していたらしいです。笑

それから、
「知ってる曲が多くて楽しかった、好きな曲(ウエストサイド)が最後で幸せだった!」
「頑張って続けられるといいね、また演奏会があったら教えてね!」
と言ってくれました。
こう言ってもらえるだけで、演奏できてよかったな、もっと頑張ろうって思えました。
誰かを幸せにできることに携われている自分は、とても幸せ者だなと。

今後もどうぞよろしくお願いします。
2017/08/28 10:03 PM, from もな
一番大事なこと忘れてました。

演奏を聴きに来てくれた、かつての吹奏楽部仲間が「私もまた楽器吹きたい」って言って、マイ楽器を楽器屋さんにメンテナンス依頼したそうです。

音楽の楽しさを知っている人は、音楽に触れてしまうとやらずにはいられないんですね。私も然り。私や彼女みたいな人が増えたら嬉しいです。
2017/08/28 11:23 PM, from もな
皆さんお疲れ様でした!

急に吹けなくなるということで、ご迷惑おかけしてすみません。
正直、嬉しいこととはいえ、これまで練習してきたのに一緒に吹けないもやもや。
合奏聴いてても本番でも自分の楽譜が頭に浮かんでて、和音の音が足りないな、支えがもっと欲しいなとか、自分が入っていたってどれだけ変わっていたかは分からないけど、すごくもやもやでした。

でも、初めてうらかぜを聴く側になって、練習の仕方や技術面・表現力・本番でのメンタル調整など、まだまだな面は勿論沢山あります。自分もね。
でも…音が落ち着いていて、柔らかくて、上手く言えないけどまあるい感じがしました。
それってうらかぜの皆さんの性格だったり、雰囲気だったり、仲の良さだったり…つまりそれがうらかぜの空気感・うらかぜらしさなんだと気付きました。
何年もいるとそんなこと分かんなくなるのよね。
きっとお客様にもそれは伝わったんじゃないかと思います。
だから「また来よう!」「楽器吹きたい!」なんて思ってくれたんだよね。

長く続いてるバンドってなあなあになったり、分裂したり色々あるけど、うらかぜはきっとそんなこともなく、まあるい演奏を続けていくのかなあ。
今後も楽しみです(^^)
2017/08/29 10:22 AM, from あいり
出遅れました(..;)

楽器貸し出してのプログラムはちょっと大変かもしれないけれど、休憩時間やロビーで楽器触らせてあげたりはできそうでしょうかね・・・・・・
あるいは、手拍子しやすいようにこっちが先に手拍子してあげたり・・・・・・

個人的ですが、ちびっ子はフレクサトーンとかスチールパンとか不思議な音がする楽器絶対好きだと思いますよ!!
2017/08/30 4:32 PM, from アリクイ
お疲れ様でした!

【今回の定演でわかったこと】
・忘れ物をしても堂々としていれば大丈夫&#8252;
・緑のヒールは「地味な色」ではない
・1stを6つやるのは辛い

私は周りを見るのが苦手なので感想も自分の事ばっかり&#8252;
パートの人達にもっと相談してパート組めば良かったなぁ、と会場と中学校の間の車の中で考えてました。

演奏を聴きに来たのは親に、「遅れて堂々と入場してきたから指揮者の次に偉い人かと思った」と言われました。威風堂々。
2017/08/31 1:14 AM, from GPに強い人









Trackback
url: http://uraban.jugem.jp/trackback/597

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Login
Categories
Recent comment
Members
Recent trackback
Archives
Links
Admin.
Sponsored links
Mobile
qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM