<< 8/5の練習日記 | main | 8/19の練習 >>

第15回定期演奏会GPのほうこく!

JUGEMテーマ:音楽



本日うらかぜ吹奏楽団第15回定期演奏会のGPを行いました。

昨年、毎年早くなっていて20分、というようなことを書きました(こちら)が、今年は15分でできてしまいました…。まぁ、いいことなんですがね。みんなの動きは、今日はとてもよかった気がします。
今年で15回目ですしね。

今年のGPは、なんといっても「ほぼ時間通り」リハーサルが進行したこと。
進めていた本人が一番びっくりです。
最後の曲が1回通しただけで終わってしまったのはいつも通りですが…。

そしてももこ(Tpの女性です)あほな子扱いしてごめんね。本当はとっても賢いいい子ですよ。
いや、今日本当によく響いていました。本番が楽しみです。

今年テーマにしたのは「打楽器の音量バランス」と「ハーモニー感」でした。
もう20年近くラディアンを使っていますが、打楽器の音量について、あんなに難しいということを初めて意識しました。太鼓楽器と金物楽器は本当に音が飛びますね。
ハーモニー感に関しては完全八度(1オクターブ)と完全5度(ド→ソのような関係)を特に意識しました。これがはまるといわゆる「倍音」がきれいに発生して、よく響くんですよね。うまくいけばいいんですが…。



さて、昨年度妙に反響があった、「指揮者のマニアックな曲紹介」を、今年もやってみようと思います。
プログラムノートとはとても言えない、完全に僕の個人的な視点での曲紹介です。


<第1部>
・サウンドオブミュージック
吹奏楽における「サウンドオブミュージック」の譜面は山ほど出ています。が、今まで「やってみたい」と思う編曲になかなか出会いませんでした。うらかぜでも某有名出版社のものを持っていて便利に使っていましたが、正直あまり好きではありませんでした。
今年これをやるといったとき、正直「えー・・・」だったのですが、今回使用する「ウインズスコア版」の新しい譜面は、本当に楽しい譜面でした。やはりウインズスコアの編曲はよいですね。
ひとつ難点を挙げるとしたら、「一曲目にやる曲じゃねぇ・・・」編曲が優秀すぎて、この一曲で映画一本見たくらい満足感がありますので、お楽しみに。
ちなみに「サウンドオブミュージック」ですが、僕は中学3年の時にクラスの文化祭の出し物で演劇の題材としてやりました。
監督→俺 脚本→俺 トラップ大佐→俺 なお、トラップ大佐の名シーン「エーデルワイス」をトロンボーン独奏するという俺様演出を、脚本家と監督が決めるという仕様。
※確かこのクラスの学級委員も僕だった気がする。
うん、やりすぎだよね。今考えると、よくみんな一緒にやってくれたなぁ…。

・吹奏楽のための抒情的「祭」

この曲との出会いは、1989年の宝塚市立宝梅中学校の全国大会の演奏でした。いまだに覚えてます。もともとお祭り付きで神事が好きだった(中二病だった)自分にはクリーンヒットだった曲で、中学校3年生(また3年か)の時に、勝手にコンクールの曲に決めていました(実際に演奏した)。学生時代も含め、13回コンクールに乗っています(演奏3回+指揮高校2回+大学4回+教員4回)が、過去に2回取り上げたのはこの曲だけです。もう2度とやることもないと思っていましたが・・・。縁あって今回またこの曲を演奏することができました。
が。
難しくねこの曲・・・。
情熱的でとってもいいんですけどね。
なお、余談ですが、ぼくの中学3年時に吹奏楽部に転入生が来ました。その友人がなんと「宝梅中学校」出身だったのです。運命を感じましたね。
(もうちょっと余談ですが、その友人と僕は、誕生日が同じでした。後にも先にも、じぶんと同じ誕生日の友人は彼女だけですたしか。なんと団員の中にいました。ごめにょみずき)

・ブラジル
西湘地区で「ブラジル」というと、旧大原高校(現平塚中等教育学校)吹奏楽部の十八番でした。
特に僕らの世代はそれが印象的過ぎて(演奏だけでなく演出まで含め、全国的にも類を見ないほどの演奏をする)、この地区で本プロに「ブラジル」を用いるのはある意味NGだったんですけどね。時代は変わるもんです。
が。
いやちょっと待て。なんだこのブラジル。僕が知ってるブラジルじゃないぞ。
楽譜を注文したのは僕です。ニューサウンズの「ブラジル」って。
今ニューサウンズから出てるブラジルって、2種類あるんですね…。
第9集の岩井直溥編のものと、第42集の真島俊夫編のやつと。
ちなみに、大原高校のやつは「岩井編」、今回うらかぜがやるのは「真島編」です。
これはこれで新しくていいですね。ただ、難易度は圧倒的に後者のほうが高いです。リズムが取れねぇ・・・

・プスタ〜4つのロマの舞曲
最近知りました。「ジプシー」って差別用語なんですね。
ただこれも諸説あり、「ロマ」というといわゆる「ジプシー」と呼ばれていた人たちのうち、「ロマ族」以外の人たちを無視することになってしまうので、難しいところのようです。「インディアン」を「ネイティブアメリカン」と表現を変えたのよりは、一般的ではない気がします。このあたりのことばの使い方は難しいところですが。
この曲は記念すべき「うらかぜ吹奏楽団(当時は「うらばん」だった)第1回的演奏会」でメインとしていた曲です。
作曲家であるヤン・ヴァン=デル=ローストは3〜4つの組曲からなる舞曲を3曲書いています(もっとあるかもしれないけど、僕が知っている有名なのは3つ)。
それらのうち、タンツィは第6回定期演奏会でやりました。リクディムは・・・やったことあったかな。あまり覚えてないなぁ。どっかで一回やった気がするんだが。
なお、ヴァン=デル=ローストの弟子であるベルト・アッペルモントの「ガリバー旅行記」を合わせて、僕は「プスタ三部作(プスタ・リクディム・ガリバー旅行記)」と呼んでいます。あくまで僕だけだと思いますが。


<第2部>
・ライオンキングメドレー
ライオンキングも数多くの吹奏楽編曲が出ていますが、その中でも今回用いたのは、ジョン・ヒギンス編/ハル・レナード出版のものです。
意外とサークルオブライフのあの「なーちべんにゃー」で始まる編曲って少ないんですよね。僕あれないとライオンキングとして認められません。
実行委員長からは、「今回メドレーが多くて長いから、ライオンキングは軽めのやつでお願いします」って言われてたんですが、これにしちゃいました。だって、これ以外やりたくなかったんだもの。
ちなみに僕はライオンキング見たことないです。断片的にはあるんですが。大西ライオン(最近見なくなったなぁ)のライオンキングは大好きです。
この曲、僕が高校2年の時に大好きだった国語の先生が、合唱コンクールでライオンキング歌うからって言ってなぜかこの譜面をくれた記憶があります、たしかハル・レナード版でした。

・朝鮮民謡の主題による変奏曲
この曲僕好きなんですよ。そして、意外とやったことなかった曲で、これもやる機会ないかもしれないなぁ・・・と半分あきらめていた曲でもありました。
この曲との出会いは中学校2年生の時(今年中学の思い出の曲多いなぁ。僕が選曲したわけじゃないんだけど)、小田原市立城北中学校がコンクールでこの曲を演奏していました。それがもう素晴らしい名演で。当時地区大会を聞きに来ていた母親が、「朝鮮民謡(アリラン)のあの曲いいねぇ」と言っていたのを今でも鮮明に覚えています。
が、この曲を今まで取り上げてこなかったのはいくつか理由があります。
まず「クラの音程が合わねぇ」そして「金管きつすぎ」
今回、これが改善されているわけではないのですが、意識はしてきました。
はてさて

・ウエストサイドストーリーセレクション
ウエストサイドストーリーで有名なのは「シンフォニックダンス」です。これはシエナウインドオーケストラの最初のCD(ブラスの祭典)に入っている奴で本当はこれがやりたかったのですが・・・。
いや譜面に10万円は出ねぇよ…。
次点、というわけではないですが、今回はセレクション版(デュソイト編)をやります。
やってみての感想ですが。
これ、コンクールでやってみたいなぁ。すごくいいです。ただ、残念なことが一点だけ
「フルスコアがない」
いわゆる「どの楽器が何をやっているか」という楽譜がなく、「全体的にはこんなことやっているよ」というピアノ譜のようなスコアしかないんです。しかもそこには打楽器が何をしているの書かれていない…。ご丁寧に「フルスコアはありません」と注意書きまである始末。ううむ・・・。
ものすごくもったいないです。何とかならないんですかハル・レナードさん!




思いつくままにつらつらと書き続けたらとんでもない長さになってしまいました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

どうぞうらかぜ吹奏楽団第15回定期演奏会をお楽しみに!
| 練習 | 23:06 | comments(12) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 23:06 | - | -
Comment
実はわたしも指揮者さんと同じ誕生日なんですが…ご存知じゃないのかな。片思いなのかな。(爆)頑張ってピアノ練習しようっと
2017/08/13 11:45 PM, from みずき
文の書き方というか並べ方が明らかにスキルアップしたね(超超上から目線)。※以前はそうではなかったという意味ではなく。

職業柄だね笑
2017/08/14 12:18 AM, from いじゅ
つい、ももこが女性って書いてもらってるところに笑ってしまった(笑)

パーカの音量調整が難しい事がわかったねえ。
昨日一日演奏せずに聴いていて、曲としてはバランスよくなったかなとは思うけど、今までのうらかぜの演奏で慣れてる人は物足りなく感じちゃうんじゃないかななんて夜不安になった;
2017/08/14 9:37 AM, from あいり
大原踊り(笑)
あれにあこがれて大原に行きたいって言う子が私の周りには多かったですね。
ブラジル、パートがまさかの全取っ替えになりましたが、とりあえず頑張ります。

2017/08/14 9:43 AM, from アリクイ
>みずき
そうか。なんか近い人は何人かいるなーと思っていたが、それは失礼(笑)
2017/08/14 12:22 PM, from おつ
(怒)

おつさん「そこGの音にして」
もも「ら?」
おつさん「そう、ラだよ」
もも「(ハイGをあてる)」

↑昨日1番アホっぽいと思ったやりとり
聞き返さなかったらカッコ良かったと思う
2017/08/14 1:11 PM, from TPの女性
久しぶりにステージで弾きましたが、
こんちゃんの音ってあんなに響くんだ…!
と自分でもびっくり。
みんなと演奏するのが最高に楽しかったです。
本番もがんばります。
2017/08/14 8:57 PM, from もな
今回もサウンドオブミュージックといい、祭りといい、ライオンキングメドレーといい個人的にブームな曲が並んでいて聴きに行きたいのですが、
スケジュールが合わせらなくて行けません。すみません。招待状もいただいたのに。

ですが、楽しい演奏会になることを祈っております。全力を出せますよう。

2017/08/16 7:33 PM, from ミッチー
>もなさん
コンバス?こんちゃんっていうの?
うちのカミさんがこんちゃんって呼ばれててバイオリン弾きだから、いったい誰が何を言っているのか、しばらく考えてしまった…

>みっちー

久しぶりだ!こっちに着た時にまた教えてねー
2017/08/16 8:30 PM, from おつ
先日、明け方に息子が突然1人で遊び始めたと思ったら、退団するときにみなさんにもらった写真を漁り出してかじってまして。そういえば定演の時期だなぁと、、、懐かしい曲がずらずらなんですね(祭とか、祭とか、祭とか)。
15回目にして初めてステージにも客席にもいない定演になりますが、素敵な演奏会になりますようパワーを送ってます!
2017/08/22 9:17 PM, from よしの
>おつ君
ありがとう! また週末に行けるときに連絡します!
2017/08/23 6:29 AM, from みっちー
>よしんちゃん
15回目にして初めてという人間が果たして何人いるのだろうか…
またいつでもきてね!

>みっちー
まってるよー。福袋とか。
2017/08/26 12:09 AM, from おつ









Trackback
url: http://uraban.jugem.jp/trackback/594

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Login
Categories
Recent comment
Members
Recent trackback
Archives
Links
Admin.
Sponsored links
Mobile
qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM