音楽って

あいりです。
昨日の話し合いで思ったこと…

音楽作りってお料理と似てる気がするんです。
例えばお料理の材料(演奏者)がどんなに美味しい高級品でも(上手くても)
コックさん(指揮者)が下手っぴだったらお料理も美味しくない。
でも材料がその辺のスーパーの安売りのものでも(下手でも)
コックさんが上手だとそこそこの味になる。 

一見溶けちゃって見えていない隠し味だって意味がない訳ではなくて
その隠し味がなきゃ物足りないお料理になる。
一見メイン食材に見える物だって、お料理の種類によってはサブ的役割だったりする。

じゃあ、美味しい料理(素敵な演奏)が出来る・出来ないはコックさんだけの責任かといえばそうではない。
安物の材料さん達は高級品(プロ)には負けるけども、美味しく・高級品に近づくために成長(練習)をして、努力しなきゃいけない。
「私達はこんなものよ!これしか出来ないけどほら、コック!美味しく調理してみなさいよ!」
ではなく
「私達は美味しくなろうと頑張っています。美味しくなりたいんです。
コックさんのひと手間があるともっと美味しくなれると思うんです。」
っていう考えじゃなきゃだめだよね。

コックさんはコックさんで素材の味を引き出してあげなきゃだし、ひと手間加えてあげて美味しいものにしなきゃいけないし
どうやったら安物材料さん達を美味しくできるかな?って考えなきゃいけない。
うん。コックさんの方が大変だよね。

例えば最近に関わらず、うらかぜで例えると、カレーを作りたい(曲)のに
「お肉さん(~パート、~さん)いません!じゃがいもさんいません!隠し味にしようとしたりんごさんもクミンさんもいません!」
はい。カレーの材料が足りませんね。この時点で厳しいのに
「さあ!コックさん!カレーを作ってください!私達はぐつぐつ煮込まれますから~」
って感じじゃあコックさんに丸投げすぎる。
でも、考えてみてください。
うらかぜってそういうところありませんか?

勿論材料さん達は材料さん達で一生懸命美味しくなろうとしているからコックさんの前に集まっている訳だし
当たり前だけど
「へっへっへ!不味くなってやるぞ!」
なんて人はいないでしょう。
それは十分わかります。
材料さん達なりに美味しく・高級品らしくなろうと考えて成長しているんですよね。
私もそうです。
でもね、材料さん達は高級品になろうなんて思わなくていいんです。無理ですから(笑)
でも、高級品への憧れは持ってください。
そして材料さん達は今よりももう少し自分達が美味しく調理してもらうにはどうしたらいいかな?
何をすべきかな?って考えてみませんか?
自分だけで出来ないことでもいいんです。
「人参の私はもう少し一口サイズに切った方がおいしいかなと思うんだけどどうかな?」
「りんごさんほど甘さはだせないけど、玉ねぎの私をあめ色に炒めたらお手伝いくらいにはなるかも!」
なーんてお話がコックさんも含めてみんなで出来たらいいですよね!

あと必要なのはコックさんは食材の目に見える所以外も見てあげられたら素敵だと思います。
例えば
「美味しくなーれ(カレーバージョン)の歌を歌ったって美味しくならないよ」
って思うけれど、材料さん達は呼吸を合わせたり
「あ!ここって人参さんと一緒に炒められるんだ!」
「ここでルーさんがくるのか!」
って各材料の同じ部分と違う部分を確認しあったりしているかもしれません。

玉ねぎだって剥いたら見た目真っ白だけど、実は飴色に変身できたり…って実は!な才能があるかもしれない。
それを引き出してあげるのも、無いものにするのも、コックさん次第なんですよね。
それも「ひと手間」だと思うんです。
だからコックさんは大変だし、プレッシャーも大きい。

でもね、お店(楽団)の名前を背負っているのはコックさんだけじゃないんです。
材料だって一緒に背負わなきゃいけない。
材料だってお店の未来を考えなきゃいけない。
それが出来ないならただ調理されるだけの材料。
そんなの食べられる材料ならなんだっていい。
でも、うらかぜレストランの材料さん達はそんな投げやりな材料さんではないはずです。
私もまだまだ未熟な材料のひとつです。
だから、みんなで一緒に「うらかぜレストラン」のお店の名前を背負って美味しいお料理になりませんか?
というか、なりたいな(*^^*)

なーんて思いました、まる!おしまい! 
| 団員徒然草 | 12:11 | comments(2) | trackbacks(0)

ティンパニの椅子

こんにちは、いじゅです。すみません今週の担当のたけさんの前にちょこっとだけ。

吹奏楽でも最近増えてきたかなと思います。椅子に座ってティンパニをたたくスタイル。オーケストラだとおなじみの光景ですね。
スネアドラムなどと違ってティンパニは楽器の高さ調節ができないので、自分が高くなるか低くなるかしないと、丁度いい高さに打面をもってくることができないのです。

そこで各メーカーからティンパニ椅子というものが出されているのですが、これがなんとも使いにくい(!
まず一番の機能である高さ調節ですが、ガス圧式の昇降機能が楽器メーカーのものはどれも立派すぎて、「なかなか下がらない」のです。
上げるぶんにはレバーで一発ですが、下げるときはレバーを引きながら一生懸命体重をかけます。

また座面がどれもやはり立派で大きすぎて、座っていてなかなか安定しません。ティンパニ椅子は社長椅子のようにどかっと座って使うものではなく、どちらかというと少し前かがみで腰掛けのように用いるので、立派な大きい座面は意味をなさないのです。

とまぁ上記のようなことをずーっと思っていたわけですが、同じ問題意識をブログに書かれているかたを見つけまして、うれしくなってここでご紹介しようと思ったわけなのです。

「ティンパニのイス」:かやたに家のブログ

このかたが最終的にたどり着いたのが、バーカウンター用のイスでした。
リンク先の画像をみて納得!まさにこういう形のイスがベストなのです。
バーカウンター用の椅子は盲点でした。うらかぜでも導入を検討したいなと思います。

| 団員徒然草 | 20:00 | comments(2) | trackbacks(0)

雑記は突然に

ども。おかずです。
しばらく練習に行けてないのですが、しばらくブログも更新されてないようなので、先週行ってきたアメリカの話でも。

ここ数年、この時期にアメリカに学会に行くのが恒例になっており、しかも今年は昨年と同じLos Angeles Convension Center。とても気が楽です。
しかしこの前気がついたのですが、学会に行く度にアクシデントに見舞われているようで、しかも年々事態が深刻になっています。
一昨年は嫁の入院、昨年は大震災。
個人レベル→家族レベル→国家レベルと着実にでかくなってます。
今年こそは、と思いながら入国しようとしたときですよ。
「All system down」
耳を疑いましたね。
入国審査システムが動かなくなったと。何入力しても受け付けないと。復旧しないとずっとここにいることになると。
アメリカレベルにまで達し、来年が気になります。

まあそれ以外にはブログで書けるほどのことはなかったので、よかったと言えばよかったのですが。


LAにはFamima!!がありまして、そこで買った草大福。同時に買ってみたサーモンスシロール的な何かは謎のスパイシーテイストだったので不安がよぎったが、予想に反してあやしいアレンジとかがされてなく、ちゃんとおいしかった。


とあるレストランで頼んだ「トマホークなんとか」という肉の塊。とにかくデカい。集団で行ったので三皿くらい食えるだろう、と頼んだら店員に「マジかおまえら?正気か?」とか言われた。アメリカの食べ物は全体的に大味で微妙な味付けが多いんだけど、ステーキ系は確かにうまい。


展示会会場で説明員として立ったのだけれど、名字の読み方を間違えて書かれていることに気づき爆笑する筆者。
間違え方がえげつねぇのです。本名知ってる人しかわからなくてすまん。

実は結構いろんなことがあって面白かったんだけど、ここでは書ききれないので、また今度。

誰か練習報告的なブログも書いてねー。
| 団員徒然草 | 21:57 | comments(4) | trackbacks(0)

ラ王再び。

こんな夜更けにこんばんは、いじゅです。

よしんちゃんが書いているように、先週の練習にはTpのはーこさんが遊びに来てくれました。
さてもう4年も前の出来事になりますが、僕の誕生日祝いということで団員からラ王をサプライズプレゼントしてもらったことがあります。(詳しくはこちら

今回、そのことを覚えていてくださったはーこさんが、なんとわざわざラ王をプレゼントしてくれました!!



「生タイプ」きたーーー。
ということでいま早速いただきながら、この記事を書いております(笑

ちなみになぜラ王なのかといいますと、同じ誕生日の金正日将軍様が日本のラ王
が好き、ということにちなんでいるそうです。

はーこさんありがとうございました!
| 団員徒然草 | 01:22 | comments(2) | trackbacks(0)

合宿レポート 〜悪夢の番外編〜

こんにちは、いじゅです。
音楽監督の合宿レポートにつづき、今回は「合宿レポート番外編」をお送りいたします。
実を申しまして今回、当日になって合宿が頓挫する可能性がありました(ぉ)
続きを読む >>
| 団員徒然草 | 18:06 | comments(2) | trackbacks(0)

本の紹介

突然ですが、本の紹介をしたいと思います。

佐伯茂樹「管楽器おもしろ雑学事典」

 佐伯茂樹・著
  『知ってるようで知らない 管楽器おもしろ雑学事典』

                  (ヤマハ ミュージックメディア2007.11)

「雑学」というのでマニアックな話ばかり詰まっているかと想像していましたが
(そういう本であることを、どこかで期待もしていたのですが…笑)、
そんなことはありませんでした。
むしろ、オーケストラや吹奏楽で使われる代表的な管楽器について、
歴史や構造、発音原理から楽器選定や練習のアドヴァイスなどまで、
基本的なことを網羅した一冊だと思いました。
自分の楽器はともかく(それだってアヤシイかも)、
他の楽器のことって意外と知らないもので、その基本すら新鮮に感じることも。
もちろん、雑学好きも喜んでしまうような、細かい話題にも触れており
(たとえば、トロンボーンの代表的ソロ曲として、
W.A.モーツァルトの「第一戒律の責務」を挙げてきたりw)、
管楽器に対する好奇心・知識欲を満たしてくれます。
そうそう、「ジェントルマンシステムのファゴット」と言われて、
みなさんはどんな想像をしますか? ^^

cooちゃんからも買えると思いますし、興味のある方は読んでみてはどうでしょうか。
| 団員徒然草 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0)

アクセス解析

こんにちは、スズノです。
3連休の初日、仕事を始めてから初めて何の予定もない休日。
ですが風邪気味><そんな訳で、大人しく気ままにネットサーフィン中です。

さて、皆さんは「アクセス解析」という機能をご存知ですか?
うらかぜブログの管理権を真・管理人たけに分けてもらっているスズノは、うらかぜブログにいつどこからやって来たのか分かる「アクセス解析」ページを見ることが出来ます。
例えば昨日の何時頃には何人のお客さんがこのブログにあったのか、その人はどこのページにあったうらかぜへのリンクをたどってここに来たのかが分かる訳です。

で、久々にやってまいりまして。「アクセス解析」ページ。
で、「リンク元」ページ(その人がうらかぜに来る前に見ていた、うらかぜへのリンクが張ってあるページ)を見に行ったのです。
まあ、当然うらかぜHP本家から飛んでくる人が多い訳です。
が、中にはHP検索ページ(GoogleとかYahoo!とかね)に検索を掛けて来てくれるお客さんもいる訳です。そうなると、その検索した内容が「検索文字列」ページとして「アクセス解析」ページに残るんですね。

で、スズノはちょっとした興味で、その「検索文字列」を表示させてみたのです。
検索ページでの順位はこちら。
1位:「うらばん」(Yahoo、Google、goo)…17件
(過去3ヶ月の結果なので、まだ旧名が多いかな。9月は定演もあったしね。)
2位:「うらかぜ吹奏楽団」(Yahoo)
   「うらかぜ」(Yahoo、Google)…各9件
(ちょっと前に掲示板で「うらかぜ吹奏楽団」でヒットすると話題になった時に私もやりましたw団員以外でどのくらいやってくれてるかなぁ。)
 
まあもっと検索に掛けてもらえるような楽団になりたいなぁ、と思いつつ。
次に出てきたのは、こんな感じ。

「作曲家清水大輔」(4件。スペース入れて更に3件)
(ふむ。今度合同でやりますからね。やっぱり清水さんは人気ですね^^)

面白いのは、次に出てきたこのキーワード。

「車一人旅」(2件)

うらかぜで車が!
いじゅのクルマ考でもヒットしたのかと想いきや。
かつてはじめて車でやってきたサックス吹きcooのことを書いた部分がヒットしてました。

その他はこんな感じ。
・「乙幡めい」
(ん、どなた??めいって……。ちなみにヒットしてたのは乙幡榎と銘(めい)でした。)
・「結婚式の2次会 掲示板」
(あっこれは、間違いなくじゅんじゅんの結婚の記事だねw)
・「トレジャリーオブスケール」
(うらかぜが使っている教本のひとつですね。こんなんでも引っかかるのか。)
・イメージ検索で、「マック」
(7月の練習で行われたたけの誕生会での、マックが山盛りになった写真がヒットw)
・ただ、「かぜ」「うら」
(そうね、それでも引っかかるわね。何を求めていたのかは不明。)
・「うらばん!?」
(こちら、埼玉に本当にある吹奏楽団さま。リンクも張ってます^^)
・「お姉さん」
(これは……何を意図してどうヒットしたんだろうw)
・「みうらじゅn」
(最後のnは一体なんだろうwでもなぜそしてうらかぜがwMSNでがっつりでました。)
・「惑星うらない」
(これもあやしいw)

「惑星うらない」ホントにあるのかな。やってみよかな。
まあ、そんな感じで、うらかぜがたくさん検索されるのが楽しみです。ではでは。
| 団員徒然草 | 17:16 | comments(7) | trackbacks(0)

なんとサプライズ!

9日の練習が終ったころですよ、なんかいじゅと乙の二人で車へなにかを取りに行って帰ってきたんですよ。戻ってくるといじゅの手には大量のマックの包みの入ったビニール袋が。

………?

まったく分けがわかりません。まー、どうせなんかの悪巧みだろうと思って無視したんですよ。丸さんの言葉を借りるならば、「やれやれ」といったところでしょうか。

そしたら悪巧みもいいところですよ〜。

なんと、来週が私の誕生日ということでプレゼントされてしまいました〜!!(笑)

ありがとう。

続きを読む >>
| 団員徒然草 | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0)

ありがとう!!

皆さんありがとうでした。ゾロ目になったいじゅです。
まさかラ王を(しかも4つも)頂けるとは…。完璧なサプライズでした。たけやるなあ。
そして特によしんちゃんのお母様には、



ラ王をわざわざリボンで包んで頂き、

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
で、ごめんなさい実はまだ食せていません…。いつも実家に来るときの鞄が小さく、今日ようやく一つ持って帰ることができたので早速頂きますね。
うらばんメンバーLOVE!!
| 団員徒然草 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0)

いじゅの気まぐれ打楽器考

こんばんは、いじゅです。打楽器考めでたく2回目です。

世の打楽器奏者なら大抵誰もが所有しているモノのひとつに、スティックがあります。管楽器で言うなればマウスピースでしょうか。スネアやドラムセットを扱う時はもちろん、練習台を使った基礎打ちでも必要となる、まさに打楽器奏者の「仕事道具」ですね。今回は、打楽器奏者がこのスティックを買いに行った時にいったいどういう選び方をするのかをつらつら書いてみたいと思います。

楽器店で、棚に様々なスティックがずらりと並んでいる光景を見たことがありますか?大体の場合はカタログなどで目ぼしい形のものがある程度決まっていて、まずそれを手にとってお試し台でパカパカ叩いてみるのですが、決まっていない場合は、いろいろ試してみて自分の手がGOサインを出したものに絞るのがいいと思います。初めて買いに行った時ほど、ある種のフィーリングは重要です。

ここでとりあえず欲しいスタイルのものが決まったとします。大変なのはここから先です。大抵は同じスティックが何本もストックされて置かれているはずなので、まずそれをすべて棚から取り出します。さて、スティック棚の近くにはあるでしょうか?ないお店では買わない方がいいですね。この秤で、スティックの重量を一本一本すべて量るのです。スティックといっても、言い換えてしまえばそれは棒切れです。当然天然のものなので、個体差が存在します。そしてこの個体差が、音質に深く影響を与えるのです。
すべて量り終えたら1g単位で並べ分け、一番手になじむ重さのスティック群を決めます。1gの違いの中からですよ。

スティックの重さが決まったら、次は転がします。大事です。先ほども書いたように天然の棒切れゆえ、若干歪んでいるものが少なくありません。これを見極めるには、転がすのが一番というわけです。あまり盛大に転がして店員さんに注意されないようにしましょう。

こうして真っ直ぐで重さの揃ったスティックが何本かできたら、最後はその組み合わせです。スティックは殆どの場合2本一組で使いますので、左右の個体差は限りなくゼロに近い方が良いのです。そうでないと左右交互に打っているときに本来はその音質を揃えるべきなのに「ダドダドダドダドダド」と、極端な場合は本当に歴然とした差が現れてしまうのです。
ではこの個体差はどう見極めるか。自分の頭を叩きます。本当です。僕も何度もやりました。頭を叩くと、脳内に「コンコン」と音が響きます。この音質(ピッチという表現が近いですね)ができるだけ近い2本を探し出すのです。ですから間違っても他人の頭を叩いてはダメです。音程が分かればいいので、叩きすぎも禁物です。

運良く音質の揃ったベストな組み合わせを発見できたら、その2本で最後にもう一度お試し台をパカパカ叩き、左右の手ごたえを確認します。手ごたえも均等だなと感じられたら、そこでようやくお財布とそのスティックを握り締めてレジへ向かうというわけです。長かった大スペクタクル巨編もここでまさに感動のフィナーレです。心なしか店員さんの目にもうっすらと光るものがなかったりなかったり。


 ・・・え?お金たりない。
| 団員徒然草 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0)

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Login
Categories
Recent comment
Members
Recent trackback
Archives
Links
Admin.
Sponsored links
Mobile
qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM